クローズアップ103期⑫:食材管理アプリ

26歳の生まれたての赤ちゃんです。 前職は飲食店で寿司と包丁を握っていましたが、コロナ禍の影響を受け転職決意しビットゼミへ。最初は包丁で食材を切ることしか能のないPC初心者だった人間がビットゼミ&共に学んだ仲間達のおかげで5カ月間でここまで出来る様になりました。 よろしくお願いします。自己紹介にもある通り、元料...

クローズアップ103期⑪:忘れっぽい私へ言葉をアルバム化、「ことばの力」アプリ

文系卒からの事務歴約20年(主に短時間勤務)2年前までガラケーでした。TikTok?Instagram?、よく分かりません。でも、メルカリなら知ってます!そんな私が2022年、縁あってPower Platformに出会いました。訓練生活でのkirinさんはコツコツ型の天才という印象です。以前、Akiraさんにビットゼミ...

クローズアップ103期閑話:KEDAMAのまとめ

わたくし、ビットゼミ103期生としてこの卒業制作アプリ報告会1日目に登壇したのですが(発表の様子はコチラ)、なんと2日目は修了生代表として「特命進行係只野仁」を任されました。(おそらく…KEDAMAって発表1日目に終わってんだから2日目以降は気が楽だよね、そうだよね、あとあのおばちゃんだし喋るの好きじゃん、授業中も隣の...

クローズアップ103期⑩:新時代~Game of Life~

オーガニックさんは、黙々と課題に取り組んで自己解決をしていくような方でした。Power Appsも入校当初より触っている姿を目にしていましたし、VBAスタンダートを筆頭に資格試験を受けては合格するような方でした。単に独りの世界に閉じこもっているというわけではなく、周囲の困っている人にも教えている姿もありました。情にも厚...

クローズアップ103期⑨:ギャルゲーを完成させたい人生だった

彼は、103期のチームを引っ張るリーダー的存在だったと認識しています。VBAの授業では、103期生のために解説動画を投稿してくださったことが印象に残っています。開発の力もあり、広報の力もあり、チーム外の人とも難なくコミュニケーションも交わすことができる人なので、仮に筆者がDX推進チームを作るとしたら、彼には入隊してもら...

クローズアップ103期⑥:同窓会アプリ

今回、第二部でご発表のMayukoさんは、とにかく明るい性格の方で「103期生の母」といった存在の方でした。どれくらい明るい方なのかと言いますと、ホームパーティを開かれることもあるそうで、周りに人が集まってくる太陽のような方だと云えるでしょう。プレゼン大会では、そのホームパーティでの料理に使われる「ル・クルーゼ」と「ス...

クローズアップ103期⑤:「Appsとロト6と私 」~愛するあなたのため~

ロト6で1等2億円当選を夢見るおばちゃんです。1730回分の過去の当選番号、17,300回分のコピペに挑戦して断念した悲しく辛い過去を持っています。ビットゼミで出会ったPower Automate Desktopにより、1行もコピペすることなく、腱鞘炎にもなることなく、全当選番号をExcelに書き出すことに成功しました...

クローズアップ103期④:「YoGoshida利便じゃあず」 〜登壇するのにただの辞書アプリって思ってる奴いる?〜

hioriさんは、最初のプレゼン大会でのインパクトが強かったせいで、すっかり自分の中では「笛ラムネの人」で定着してしまっているのですが、最後のアプリ発表会ではそれを凌駕する質量でインパクトを与えられたように思います。ただ、単なる奇天烈な発想の持ち主というわけではありませんでした。入校当初よりExcelの扱いに慣れておら...

クローズアップ103期:「海外Vtuber配信スケジュールまとめアプリ」を作る -POG POWER APPS POG POG-

ベンチャーでデザイナーを経て無事無職。パワーポとPower Appsで文字揃えと空きを無限に調整してます。 タイムゾーンの違いを乗り越え、クオリティオブライフの向上を目指します。(※海外ライバーの配信を見ているからと言って英語ができるようにはならない)そんな彼女の卒業制作は、海外Vtuber配信スケジュールを管理するた...

企業様に2日間のRPA講習を実施いたしました:Power Automate for Desktopの事例

この度、電気機器の設計や製作事業等を展開されている企業にて2日間のRPA講習を実施いたしました。取り扱うツールはMicrosoft Power PlatformのPower Automate for Desktop(以下、PAD)です。RPAとは「本来は人が行っていた(事務)作業をパソコンに代行させること」を指しており...

ビットゼミ103期生による卒業制作アプリ発表会:Power Platformを用いたアプリ制作 #JPAUG広島

先日、103期(市民開発者養成科)を修了しました。卒業制作アプリの課題発表会の後、103期生も我々講師陣も悩みに悩んだ末、15名の登壇が確定したため、当イベントを第一弾として計3週に渡り、毎週土曜に5名ずつ発表することになりました。その3回は、①当訓練主催の吉田豪、②103期代表のKEDAMAと、③訓練生活と講師生活の...

職業レポート⑩:Microsoft MVP 2022 のAkiraさんに半日の出前授業をしていただきました。

今回は Microsoft MVP 2022受賞の Akira さんにお越しいただき、なんと半日も、授業していただきました。序盤2時限分をアプリ作成演習、残り1時限分をAkiraさんの職業レポート、という形で進行しました。今月はPower Platform界隈の著名人に多くご登壇いただきましたが、この度は実際に足を運ん...

PAGE TOP