貯金箱作製その1

今日は、貯金箱を作りました。 貯金箱は1600年前のヨーロッパのものが見つかっているようですが、中身を取り出すには壊すタイプでした。 その頃の人も、すぐに使いたいという気持ちを抑えるのに工夫していたと思うと親近感がわきま...

トイレ 最終版

今日は、トイレ作製の最終日でした! 人が近づいたら、赤外線フォトリフレクタが働いて自動でトイレのふたが開き、 人が座っていない事をタッチセンサーで確認後、自動でふたが閉まる、という プログラムを追加しました。 プログラム...

トイレの製作

今回は、洗浄機能が付いたトイレの製作です。 前回の「4足歩行犬型ロボット」に比べると、地味~な感じではありますが、いつも見かける身近なものだけに、仕上がってみると感動と同時に感心が。 まずは、自分の家のトイレの機能にはど...

犬型歩行ロボット 最終版

今日は、犬型ロボットの2回目でした。 前回作ったものが、安定が悪いので修正です。 前足の「前後に動く」サーボモーター、腰の「上下に動く」サーボモーター、 後ろ足の「前後に動く」サーボモーター と、3つ使ってなめらかに動く...

犬型歩行ロボット 1回目

今回は、『4足歩行ロボット』の作成です。 『車輪で走る車』は、平らな道路ではスムーズに走りますが、岩場のようなでこぼこ道では何本かの足を使って歩いたほうが、圧倒的に有利です。 4本足を交互に出すだけでは、実は前には進めず...

エレキギター!発表会

第6回は、センサーとブザーを使って、『エレキギター』を作成しました。 音をブザーから出すのは『信号機』のときに勉強ずみです。 音の高さは、ブロックとセンサーとの距離を「ドレミファソラシド」の8音にあてはめるという、かなり...

紙飛行機発射台 完成!

前回作成した紙飛行機発射台は、加速度センサーがわずかな振動も拾うため、その都度サーボモーターが動いてしまい、結果として「ハウリング」を起こしてしまうのが難点でした。 紙飛行機の発射台としては、ブルブル振動してしまうと狙い...

紙飛行機発射台Ⅰ

今回は、「望遠鏡」や「消防放水銃」のように、「ねらいを定める」ことがテーマです。 左右の回転を示す「方位角」と上下の傾きを示す「仰角」。 この2つの角度を、前回のコントローラーにプログラミングしていきました。 コントロー...

ぶるぶる鳥の作成

今日は、前回のテーマの続きで、実際にスティックコントローラーのようなものを手元で操作し、離れた場所にある鳥に見立てたブロックを動かせるよう、プログラミングをしました! 「加速度センサー」を使えば、前後左右どのように動いた...

あっち向いてホイ!

今月は、「コントローラーによる制御」です。 ゲーム機のコントローラーのように、方向キーなどで操作するものや、 宇宙空間での実験や修理をするために使う巨大なロボットアームなど、さまざまなものがあります。 1回目は、4つのボ...

自動ドア 自由制作

今日は、自動ドアの自由制作でした。 今まで習った機能をすべて使用し、自分で工夫しての制作です。 さて、どんなものが出来たのでしょうか? 基本的な動きは、ドアの内側が「赤外線」で自動感知して、外側が「タッチセンサー」を押し...

自動ドア編です

今回は、自動ドアの製作です。 日本は自動ドアの普及率が世界一なのですが、なぜだかわかりますか? その理由は、日本の治安が良いことと、もともと日本のドアは引き戸が多かったからだそうです。なるほど、大人も勉強になります。 ブ...

PAGE TOP